引越し後の車に関する手続きのまとめ

引越し後の車に関する手続きのまとめ

 

 

引越しで住所が変わると
車に関する手続きもしなければいけません。
ここでは、下記の3つの手続きについて説明します。

 

 

  1. 車庫証明を取る
  2. 車検証の住所変更
  3. 運転免許証の住所の書き換え

 

 

車庫証明を取る

 

 

車を所有している方は、
引越したら住所が変わるので
新たに車庫証明を取らなければいけません。

 

 

車庫証明を取るためには、
下記の条件を満たしている必要があります。

 

 

  • 車の保有者の自宅から駐車場までの距離が直線で2kmを超えない。
  • 駐車場から道路に支障なく出入りできる。
  • 道路へのはみ出しがなく、建物の出入りを塞いだりしない。
  • 保管場所の土地や建物の所有権や貸借権を持っている。

 

 

これを満たしていれば
駐車場のある地域を管轄している
警察署
に行って手続きを行いましょう。
行く時に

 

  • 印鑑
  • お金(手数料2500円くらい)
  • 車検証(記入の時に使う)

 

を持っていきます。

 

 

警察署で「自動車保管場所証明申請書」をもらい
必要事項を記入しましょう。
記入項目は、

 

 

  • 車名
  • 型式
  • 車台番号
  • 自動車の長さ、幅、高さ
  • 住民票の住所
  • 駐車場の住所
  • 保管場所標章番号
  • 警察署長殿
  • 氏名
  • 電話番号

 

 

わからないことがあると思うので
車検証を持って行き、
それを見ながら記入しましょう。

 

 

記入が終わったら
車庫証明申請窓口へ提出します。

 

 

書類に問題なければ
車庫証明の交付日と受理番号が記載された
引き渡し券をもらいます。

 

 

指定日に申請した窓口に認印をもって
受け取りに行きます。

 

 

  • 保管場所標章番号通知書
  • 保管場所標章(ステッカー)

 

 

を受け取って手続きは、完了です。

 

 

申請から交付まで大体1週間くらいかかります。
その間に係員が駐車場を見に来ることがあるので
嘘の申請は、やめましょう。

 

 

嘘の申請をすると
20万円以下の罰金になります。

 

 

 

車検証の住所変更

 

 

 

引越しで住所が変わったのに
所有している車の車検証の住所がそのままですと
車を売ったり、廃車にする際に困りますし、
自動車税の書類が旧住所に送られてしまいます。

 

 

そこで車検証の住所を
旧住所から新住所に変更する
手続きについて説明します。

 

 

この手続を「変更登録」といいます。
決まりでは、転入届を出してから
15日以内にすることになっています。

 

 

ローン支払い中の車でも同じように
変更登録を行います。

 

 

変更登録は、
新しい住所を管轄する
運輸支局・自動車検査登録事務所」で行います。

 

 

他県などの引越しで管轄する運輸支局が変わる場合は、
ナンバープレートも変更する必要があるので
手続きの対象となる車に乗って行きましょう。

 

 

手続きにかかる手数料は、
登録手数料が350円
ナンバープレート代が1500〜2000円です。

 

 

手続きに必要な物は、

 

  • 申請書(運輸支局内で手に入ります)
  • 手数料納付書(運輸支局内で手に入ります)
  • 自動車税申告書(運輸支局内で手に入ります)
  • 車検証
  • 印鑑(認印)
  • 住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 車庫証明(発行後1ヶ月以内の新しい住所のもの)

 

 

引越しの後の車の手続きは、とても大変です。
もしそろそろ車の買い替えを検討されているなら
引越しの直前に売ってしまうのもいいと思います。

 

 

 

運転免許証の住所の書き換え

 

 

引越しや結婚により
住所が変わったり、氏名が変わった場合
運転免許証の記載事項変更届を提出します。

 

 

運転免許証は、本人確認に使うことが多いので
早めにやっておきましょう。

 

 

免許の更新がもうすぐの方は、
その時にまとめてやりましょう。

 

 

ちなみに手数料は、かかりません。

 

 

手続きを行う場所は

 

  • 各都道府県の管轄の運転免許センター
  • 警察署の運転免許課

 

のどちらかです。

 

 

必要な書類は、

 

  • 運転免許証
  • 住民票(新しい住所が記載されたもの)
  • 写真 縦3cm×横2.4cm 1枚(他の都道府県から転入の場合)
  • 印鑑

 

※本籍や氏名の変更届の場合は、
 本籍が記載された住民票が必要

 

※外国人の場合は、外国人登録証が必要


 

引越し料金を安くする一番簡単な方法!

引越し料金を安くする一番簡単な方法は、各社の引っ越し料金を比較することです。
下記が私が大手の引越し業者に見積もりを出してもらった引越し料金です。

  • 最初に提示された見積もり価格 95,000円
  • その場で値下げをお願いした後の価格 84,000円
  • 他社の見積もり価格を伝えて更に値下げした価格 58,000円

このように他社の見積もり価格を伝えるというのは、かなりの値引きにつながります。
この時、私が利用したのが引越し価格ガイドという一括見積もりサイトです。


このサイトは、東証一部上場のエイチームが運営しているサイトです。
利用者数も1400万件を超えていて、数ある一括見積りサイトの中でもとても申し込み件数が多い人気のサイトです。200社くらいの引越し会社が登録してありますが審査基準がしっかりしていて条件を満たした企業だけ参加しているので女性でも安心して利用できます。




またエイチームは、「引越し価格ガイド」と共に「引越し侍」という一括見積もりサイトも運営しています。こちらの特徴は、引越しの情報を入力するとネット上で複数の引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較することができます。引越し価格ガイド」との違いは、下記のようになっています。





また引越し料金は、安く設定しているがオプション料金が高めな引越し会社もあります。「エアコンの着脱」の料金が高い場合は、エアコンだけ違う会社に頼めば更に安くなります。