引越し会社の荷物の一時保管サービス

引越し会社の荷物の一時保管サービス

 

 

引越しの際、
荷物を一時預かって欲しいケースもあります。

 

 

契約の関係で新居の入居日より
早く旧居を退出しなければならなくなった場合、
あるいは、家のリフォームなどで一時アパートに引っ越す場合、
全ての荷物が入らないことがあります。

 

 

そのような場合は、
引越し会社が荷物の預かりサービスをしているので
それを利用すると便利です。

 

 

いくつか引越し会社の荷物預かりサービスを調べてみると
下記のように記載されていました。

 

 

●フクフク引越センター
当社管理の倉庫(埼玉県川口市・草加市)にて、
短期、長期問わず10日間単位で対応可能です。

 

 

●ファミリー引越センター
少ない荷物からでも対応可能

 

 

●トランス引越センター
10日間 無料

 

 

●隆星引越センター
1坪コンテナで1ヶ月12000円〜です。

 

 

●スワロー引っ越し便
家財のお預かりは、一部地域のみお引き受けいたします。

 

 

ほとんどの引越し会社が
荷物預かりのサービスをやっているようです。

 

 

料金は、各社さまざまで
トランス引越センターのように10日間無料というところもあれば
隆星引越センターの1ヶ月12000円からというところもあります。

 

 

ちなみにダック引越センターだと1コンテナで18900円
カルガモ引越センターなら引越しで使えば1ヶ月無料です。

 

 

他にもいろんな引越し会社を調べると
相場としては、1ヶ月15000円くらいです。

 

 

荷物預かりの料金は、これくらいですが
荷物預かりの場合、旧居から荷物の保管のセンターまで運んで
そこから新居に運ぶことになるので
通常の引越しより運送回数が1回多くなるので
その分、別途料金がかかると思っておきましょう。

 

 

また引越し会社が荷物預かりをやっていない場合や
引越し会社だと高いからもっと安くしたいという場合は、
トランクルームの専門業者のサービスを使う方法もあります。

 

 

トランクルーム専門業者のサービスは、
料金が格安な外の空き地に設置されているもの
引越し会社と同じくらいか少し安い
建物の中に保管してくれるものがあります。

 

 

外の場合は、安いがホコリがつきやすかったり、
夜間に荷物を出そうとするとき暗かったりしますが安いです。
コンテナのすぐ横に車をつけられるので
荷物の出し入れは、楽です。

 

 

建物の中の場合は、建物内なので
セキュリティや温度管理がしっかりしていてるのでその分高いです。
荷物の出し入れは、駐車場に台車が用意してあるので
それの乗せて運びます。

 

 

引越し会社とトランクルーム専門業者のどちらを使うかですが
手間がかからないのは、圧倒的に引越し業者です。

 

 

少し安いが自分で荷物の出し入れをしなければいけないのが
トランクルーム専門業者です。

 

 

それぞれメリット・ディメリットがありますが
お金を取るか時間を取るかで判断しましょう。



 

引越し料金を安くする一番簡単な方法!

引越し料金を安くする一番簡単な方法は、各社の引っ越し料金を比較することです。
下記が私が大手の引越し業者に見積もりを出してもらった引越し料金です。

  • 最初に提示された見積もり価格 95,000円
  • その場で値下げをお願いした後の価格 84,000円
  • 他社の見積もり価格を伝えて更に値下げした価格 58,000円

このように他社の見積もり価格を伝えるというのは、かなりの値引きにつながります。
この時、私が利用したのが引越し価格ガイドという一括見積もりサイトです。


このサイトは、東証一部上場のエイチームが運営しているサイトです。
利用者数も1400万件を超えていて、数ある一括見積りサイトの中でもとても申し込み件数が多い人気のサイトです。200社くらいの引越し会社が登録してありますが審査基準がしっかりしていて条件を満たした企業だけ参加しているので女性でも安心して利用できます。




またエイチームは、「引越し価格ガイド」と共に「引越し侍」という一括見積もりサイトも運営しています。こちらの特徴は、引越しの情報を入力するとネット上で複数の引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較することができます。引越し価格ガイド」との違いは、下記のようになっています。





また引越し料金は、安く設定しているがオプション料金が高めな引越し会社もあります。「エアコンの着脱」の料金が高い場合は、エアコンだけ違う会社に頼めば更に安くなります。