JR貨物を使った引越し

JR貨物を使った引越し

 

 

500km以上の引越しを検討している方の場合
JR貨物も引越し会社と共に
検討プランに入れてもいいでしょう。

 

 

一般の引越しでJR貨物を使っている人は、少ないと思いますが
一般の方でも使うことが可能です。
料金もリーズナブルで条件によっては、
引越し会社より安くいけることがあります。

 

 

大手引越し業者でも
長距離の引越を依頼された場合、
自社トラックを貨物駅に乗り付けて
荷物をJRコンテナに載せて目的地の駅で
再び自社トラックに載せかえて荷物を運んでいるそうです。

 

 

 

JR貨物を使った引越しの流れとしては、
まず自宅までトラックでコンテナを運びます。

 

 

そしてコンテナに荷物を積み込んで
トラックでJRのコンテナ貨物駅まで運びます。
コンテナ貨物駅は、全国140以上あります。

 

 

そして鉄道で引越し先の近くの
JRのコンテナ貨物駅まで運びます。

 

 

そこからトラックにコンテナを積み替え
引越し先の住所に運びます。

 

 

料金の計算は、結構複雑なので
直接JR貨物に問い合せたほうがいいですが
一つ例を示します。

 

 

例えば東京から札幌まで引越しで
荷物がコンテナ1個とします。

 

 

ちなみにコンテナ1個のサイズは、
高さ2,247mm×幅2,325mm×長さ3,647mm。
4畳半の部屋にいっぱいの荷物を詰め込んだイメージです。

 

 

そして東京、札幌のそれぞれのコンテナ貨物駅から
住まいまで10kmあったとします。

 

 

このケースで旧居から新居まで
荷物を運んでもらった場合
86000円くらいします。

 

 

申し込みの流れは、
電話やインターネットで申し込んで
自宅に来てもらい見積もりを出してもらいます。



 

引越し料金を安くする一番簡単な方法!

引越し料金を安くする一番簡単な方法は、各社の引っ越し料金を比較することです。
下記が私が大手の引越し業者に見積もりを出してもらった引越し料金です。

  • 最初に提示された見積もり価格 95,000円
  • その場で値下げをお願いした後の価格 84,000円
  • 他社の見積もり価格を伝えて更に値下げした価格 58,000円

このように他社の見積もり価格を伝えるというのは、かなりの値引きにつながります。
この時、私が利用したのが引越し価格ガイドという一括見積もりサイトです。


このサイトは、東証一部上場のエイチームが運営しているサイトです。
利用者数も1400万件を超えていて、数ある一括見積りサイトの中でもとても申し込み件数が多い人気のサイトです。200社くらいの引越し会社が登録してありますが審査基準がしっかりしていて条件を満たした企業だけ参加しているので女性でも安心して利用できます。




またエイチームは、「引越し価格ガイド」と共に「引越し侍」という一括見積もりサイトも運営しています。こちらの特徴は、引越しの情報を入力するとネット上で複数の引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較することができます。引越し価格ガイド」との違いは、下記のようになっています。





また引越し料金は、安く設定しているがオプション料金が高めな引越し会社もあります。「エアコンの着脱」の料金が高い場合は、エアコンだけ違う会社に頼めば更に安くなります。