自力の引越し

自力の引越し

 

 

引越し費用を浮かせるために
業者に頼まずに自力で引越ししようと
考えている人もいるでしょう。

 

 

そこで自力で引越しする時の注意点について説明します。

 

 

まず自力で引越しするために
用意しなければいけないものがあります。

 

 

自力引越しで必要なもの

 

 

包装資材

引越し業者に頼めば
包装資材は、無料でもらえる場合がほとんどですが
自力の場合は、自分で用意する必要があります。
単身ですとダンボールは、20箱くらい、家族だと50箱くらい必要です。
スーパーなどに行ってダンボールを譲ってもらえないか聞いてみましょう。

 

 

レンタカー

例えばレンタカーで軽トラックをレンタルしたら
6時間で5000円くらいで借りることができます。
他にも軽トラに荷物を載せた後、
シートをかぶせたり、ロープで縛ったりしなければいけないので
そのような道具が別途必要になります。

 

 

手伝ってもらった謝礼

 

自力で引っ越す場合、
冷蔵庫や洗濯機などどうしても一人で運べないものがあるので
友人などに引越しを手伝ってもらうことになります。
そのため、手伝ってもらったら謝礼を支払うことになります。

 

 

ただし、実際に自力で引越した人の体験談を調べると
お金ではなく、引越し後にご飯を奢っている人が多いです。

 

 

引越しの休憩時に差し入れをしたり、
引越し終了後に焼肉や寿司を奢ったりしています。
金額にして1人2000円くらいです。

 

 

ただし、単身の引越しの場合だと
引越し業者の忙しい時期ではなければ
最安で12000円くらいでいけるところもあるので
レンタカーで5000円使うと残り7000円です。

 

 

友達を3人呼ぶと同じくらいの料金になってしまうので
それなら引越し業者に全部やってもらった方がよかったと
後で思うことがあるので呼ぶにしても一人か二人にしましょう。

 

 

あとは、引越し当日に友達一人だけ呼ぶことにしていて
その友達が当日、なんらかの事情で来れなくなってしまうと
計画がうまくいかないことがあるので
そのことも友達に話しておいて、必ず来てもらうようにしましょう。

 

 

別途業者に依頼するもの

 

エアコンの着脱などは、別途業者に頼んだほうが無難です。
安い業者でしたら着脱セットで1万円くらいでやってくれるところがあります。

 

 

あと大きな家具などどうしても運べないものがあれば
それだけ引越し業者に依頼するという方法もあります。
家具1個だけのようなプランもあるので
引越し業者に相談してみましょう。

 

 

ピアノなど扱いが難しいものがある場合も
別途、専門業者に依頼しましょう。

 

 

自力引越しの注意点

 

自力引越しの注意点としては、
やはり引越しのプロでは、ないので
荷物を破損することもあれば、
壁や床にぶつけて傷を付けることがあります。

 

 

引越し業者に頼んでこのようなことがあれば
賠償してもらえますが自力引越しでは、なんの保証もありません。

 

 

手伝ってくれている友達がなにか壊しても
弁償しろと言うわけにもいきません。

 

 

また、素人が重い荷物を運ぶと
運んでいる途中に腰などを痛めることがあります。

 

 

自力引越しの体験談で
妻が腰を痛めて後悔したと書いているブログもあったので
そういうこともあると知っておきましょう。

 

 

引越しというのは、思っている以上に大変な作業です。
普通は、引越し業者に頼んでも
その後の片付けやら引越しの手続きやらで
ウンザリしてしまうくらいやることがいっぱいあります。

 

 

自力でやって荷物の搬出、搬入だけでフラフラになって

 

やはり引越し業者に頼めば良かった。。。

 

と後悔することがないように
とりあえず引越し業者に見積もりを出してもらって
それを見てから、自力でやるか引越し業者にお願いするか
検討するものいいかも
しれません。

 

 

自力引越しへのアドバイスの口コミ

 

 

 

トラックに積む時、置く場所が大事です。一番最初に積みましょう。重い物や高い物をできるだけ前に置くことが重要です。引っ越しロープは特殊な結び方があります。わからない場合は、キツく縛るか、移動の途中でどこかに止めてロープが緩んでないか確認しましょう。

 

 

レンタカーを借りるならケチらずにハイエースあたりにしましょう。軽トラですと荷物をロープで固定できる人がいないと多くの荷物が詰めません。荷物をきちんと固定できないと荷物を落として大事故につながりかねないので注意しましょう。

 

 

荷物が少なくて近いなら自力引越しでもなんとかなると思います。問題は、エアコンです。エアコンは個人で用意するのであれば必ず取り付け業者にお願いしましょう。取り付けはできますが取り外しは、難しいです。ガスが抜けると使い物にならないので自分でやらないようにしましょう。

 

 

引越しは、想像以上に大変で何かと疲れます。できるだけプロに任せた方がいいと思いますよ。1回自力でやると支払う金額分の価値は十分あると思いますよ。

 

 

現役大家ですが引越し業者に依頼して方が良いですよ。たまにいますがせっかく部屋を綺麗に使っていたのに、退去時に自分で引越しをしてクロスや床を傷つけてしまう人がいます。もちろん修繕費用を請求します。養生や故障のことも考えなければいけませんし、かなり疲労するのでプロに頼んだ方が、良いです。



 

引越し料金を安くする一番簡単な方法!

引越し料金を安くする一番簡単な方法は、各社の引っ越し料金を比較することです。
下記が私が大手の引越し業者に見積もりを出してもらった引越し料金です。

  • 最初に提示された見積もり価格 95,000円
  • その場で値下げをお願いした後の価格 84,000円
  • 他社の見積もり価格を伝えて更に値下げした価格 58,000円

このように他社の見積もり価格を伝えるというのは、かなりの値引きにつながります。
この時、私が利用したのが引越し価格ガイドという一括見積もりサイトです。


このサイトは、東証一部上場のエイチームが運営しているサイトです。
利用者数も1400万件を超えていて、数ある一括見積りサイトの中でもとても申し込み件数が多い人気のサイトです。200社くらいの引越し会社が登録してありますが審査基準がしっかりしていて条件を満たした企業だけ参加しているので女性でも安心して利用できます。




またエイチームは、「引越し価格ガイド」と共に「引越し侍」という一括見積もりサイトも運営しています。こちらの特徴は、引越しの情報を入力するとネット上で複数の引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較することができます。引越し価格ガイド」との違いは、下記のようになっています。





また引越し料金は、安く設定しているがオプション料金が高めな引越し会社もあります。「エアコンの着脱」の料金が高い場合は、エアコンだけ違う会社に頼めば更に安くなります。