引越し会社が引受の拒絶ができる荷物

引越し会社が引受の拒絶ができる荷物

 

引越しの荷物の中には、
引越し会社が引受の拒絶ができる荷物があります。

 

 

その荷物は、標準引越運送約款
記載されています。

 

 

記載されている引受の拒絶ができる荷物

 

 

貴重品

 

 

現金、預金通帳、キャッシュカード、
有価証券、印鑑などの貴重品は、引越し会社に
引受を断られるので自分で管理をして
持っていきましょう。
もし引越し会社に内緒でダンボールの中に入れて
紛失しても補償してもらえません。

 

 

火薬類などの危険品

 

 

よくあるのが冬に石油ストーブに
灯油が入ったまま運ぼうとする人がいます。

 

引越し会社は、
輸送中に発火するおそれがある危険物は、
消防法に違反するので運ぶことが出来ません。

 

 

このようなケースでは、石油ストーブの中の
灯油を抜いて、空焚きしてから梱包します。
他にも原付の運んでもらう時も
ガソリンを抜いてから運んでもらいます。

 

 

専門的な知識がいるもの

 

 

ペットの輸送、植木の輸送、美術品や骨董品、
ピアノの輸送など輸送するのに専門知識が必要なものは、
引越し会社は、断ることができます。

 

 

しかし、実際は、それぞれの専門業者と提携して
依託するという形で引き受けています。
引越し会社がオプションサービスでこれらの輸送をやっていない場合は、
インターネットで専門の輸送会社を探してそちらにお願いしましょう。

 

 

高額なもの・壊れやすいもの

 

 

高額なもの・壊れやすいものは、
申告をしないと運んでもらえませんし、
トラックの揺れだけで壊れるようなものは、
補償の対象になりません。
高額なものは、書類にサインが必要だったり、
別途保険に入らなければいけないこともあります。

 

 

 

とりあえず、覚えておくことをまとめておきます。

 

 

@貴重品は、自分で運ぶ。
Aガソリンや灯油などの危険なものが
 入っている商品は、それらを抜いておく。
B高価な商品、壊れやすい商品は、
 引越し会社に申告する。

 

 

ここまで記載したものでも
補償しないという条件で運んでくれる引越し業者もあります。
そういう場合は、契約書にサインを求められることがあります。

 

 

他にもお客さんの中に
引越し先まで一緒に乗せて行って
とお願いする人がいますが
お金をもらって人を輸送するには、
タクシーのように認可が必要になります。

 

 

ですから引越し会社のトラックに
お客さんを載せる事は、ダメなのを知っておきましょう。


 

引越し料金を安くする一番簡単な方法!

引越し料金を安くする一番簡単な方法は、各社の引っ越し料金を比較することです。
下記が私が大手の引越し業者に見積もりを出してもらった引越し料金です。

  • 最初に提示された見積もり価格 95,000円
  • その場で値下げをお願いした後の価格 84,000円
  • 他社の見積もり価格を伝えて更に値下げした価格 58,000円

このように他社の見積もり価格を伝えるというのは、かなりの値引きにつながります。
この時、私が利用したのが引越し価格ガイドという一括見積もりサイトです。


このサイトは、東証一部上場のエイチームが運営しているサイトです。
利用者数も1400万件を超えていて、数ある一括見積りサイトの中でもとても申し込み件数が多い人気のサイトです。200社くらいの引越し会社が登録してありますが審査基準がしっかりしていて条件を満たした企業だけ参加しているので女性でも安心して利用できます。




またエイチームは、「引越し価格ガイド」と共に「引越し侍」という一括見積もりサイトも運営しています。こちらの特徴は、引越しの情報を入力するとネット上で複数の引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較することができます。引越し価格ガイド」との違いは、下記のようになっています。





また引越し料金は、安く設定しているがオプション料金が高めな引越し会社もあります。「エアコンの着脱」の料金が高い場合は、エアコンだけ違う会社に頼めば更に安くなります。