マンションとアパートの違い

マンションとアパートの違い

 

 

 

 

マンションとアパートってどこがちがうの?

 

 

このように質問されると
建物がしっかりしてるのがマンションで。。。
ボロいのがアパート???

 

 

と違いがよくわからない人も多いと思うので
マンションとアパートの違いと
それぞれのメリットやディメリットについて説明します。

 

 

マンション

 

まず、マンションですが
特徴としては、主に鉄筋コンクリートの建物で
3回建て以上の建物のことをマンションと言います。

 

 

マンションのメリットとしては、

  • アパートより駅に近い物件が多い。
  • 建物の耐久性がある。
  • 建物の耐火性が高い。
  • 建物の遮音性が高い。
  • 建物のセキュリティが高い。

 

 

ディメリットとしては、

  • アパートより家賃が高め。
  • ロフトがつかない。
  • 立地が繁華街などうるさい場所が多い。

 

 

アパート

 

次にアパートです。
特徴としては、主に木造や
軽量鉄骨造の建物のことをアパートと言います。

 

 

アパートのメリットとしては、

  • 同じ立地でマンションより家賃が安い。
  • 天井が高い物件が多く開放感がある。
  • ロフトがある物件がある。
  • 立地が繁華街から離れているケースが多いので静か。

 

 

ディメリットとしては、

  • 立地が駅まで遠いケースが多い。
  • 建物の耐久性がマンションに比べて弱い。
  • 隣の部屋に音が聞こえる。
  • 外見が安っぽそう。

 

 

マンション、アパートにこのような特徴があるため
住人などもマンションは、ファミリーや
比較的お金を持った社会人の人が多いですし、
アパートは、一人暮らしの学生などの若い人が多く住んでいます。

 

 

お金はないけどマンションの方がプライバシーが保てるので
どうしてもマンションがいいという人は、
築年数や駅からの距離を妥協して探せば見つかります。

 

 

ただし、築年数があまりに古い物件よりは、
新築のアパートの方が住みやすい場合もあるので
あまりマンションにこだわると物件探しに失敗します。

 

 

また耐震性を見るために
築年数で知っておいたほうがいいことがあります。

 

 

耐震基準は、1981年6月にかわりました。
この日以降に建てられた物件は、新しい基準を満たしていることになり、
それより前に建てられた物件は、基準が甘いということになります。

 

 

現在が2014年なので33年前が1981年になります。
よって築年数がその辺の物件の場合は、注意しましょう。


 

引越し料金を安くする一番簡単な方法!

引越し料金を安くする一番簡単な方法は、各社の引っ越し料金を比較することです。
下記が私が大手の引越し業者に見積もりを出してもらった引越し料金です。

  • 最初に提示された見積もり価格 95,000円
  • その場で値下げをお願いした後の価格 84,000円
  • 他社の見積もり価格を伝えて更に値下げした価格 58,000円

このように他社の見積もり価格を伝えるというのは、かなりの値引きにつながります。
この時、私が利用したのが引越し価格ガイドという一括見積もりサイトです。


このサイトは、東証一部上場のエイチームが運営しているサイトです。
利用者数も1400万件を超えていて、数ある一括見積りサイトの中でもとても申し込み件数が多い人気のサイトです。200社くらいの引越し会社が登録してありますが審査基準がしっかりしていて条件を満たした企業だけ参加しているので女性でも安心して利用できます。




またエイチームは、「引越し価格ガイド」と共に「引越し侍」という一括見積もりサイトも運営しています。こちらの特徴は、引越しの情報を入力するとネット上で複数の引越し業者の見積もりの値段と相場を一覧で比較することができます。引越し価格ガイド」との違いは、下記のようになっています。